実録!塀の中その真実

あなたの知らない本当の塀の中 元受刑者が語る刑務所の実態 いまその真実が明らかに…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

刑務所用語(隠語) その2

刑務所には刑務所内でしか使用できない言葉(隠語)があり・・・
その言葉を一般社会で使っても 誰一人として分からないでしょう。
しかし 施設の中では色々な言葉が日常茶飯事的に使われるのです。

玉入れチン検

下半身の話しが続きますがご辛抱を・・・

玉入れは真珠の代わりに歯ブラシの柄を小さく 
そして丸く削って 自分の陰茎の皮の部分に穴をあけ入れることです。

私も三人ほど手術をしてあげた事がありますが
手術時間はほんの数秒で完了します。
ただ 材料を作ったり 用意するのに多少の時間がかかるだけです。

月初めに 購入した私物の交替があり その時をねらい 
古い歯ブラシの 柄の方を1㎝ほど糸を使い 摩擦で切断するのです。
セルロイドなので 糸でも簡単に切断できます。

残った歯ブラシの方は 看守にバレないよう 角を丸くこすり 
出来るだけ原型どおりにし(少し短くなりますが…)そのまま廃棄処分にします。
短い歯ブラシを看守に気づかれてしまえば たちまち取り調べですが
なかなか それが気づかれないんですね。

なぜなら この廃棄処分の作業をするのも 同じ工場の受刑者だからです。

そして 肝心の切断した方は 口に隠して工場へ持ち込み
ヤスリなどを使いキレイに削るのです。

ある程度仕上がると また 舎房へ持ち帰り
歯磨き粉で最終仕上げを行い出来上がりです。

後は 鉛筆削りで 箸の先を尖らせて準備完了です。

手術日は 休み前の入浴後です。
なぜなら 次の入浴まで3~4日あり それまでに傷口もふさがるし
作業が休みの日は 検身場を通ることもなく 見つかる確率が少ないからです。

後は 誰かに見張りをしてもらい 出血も無く アッという間にオペ終了です。

ちなみに 玉入れする者は たいがいが 出所前受刑者
後日 見つかっても どうって事も無く「自分一人でやりました」と
決して執刀医の名前は出さないのが刑務所のルールなのです。

そして 一月から二月に一度 チン検が行われるのです。
入浴後 服を着る前に 一人の看守がチン○を掴み
入所時に申告している玉の数と合っているか調べるのです。

この時だけですね。 他人にイチモツを触られるのわ・・・
しかし 決して気持ちの良いものではありません。

不謹慎ですが「これが女なら…」と思うことはありますが
現実は男であり 刑務所の中 情けないものです・・・

中には数十個玉入れしている受刑者もいますが
そんな受刑者には看守も呆れ顔で 「お前はもういいわ」と調べようとはしません。

当然 玉入れは反則ですが 玉が少なくなっていても駄目なのです。
不思議ですね・・・

玉入れそのものは 刑務所よりも拘置所でする方が多いですね。
バレる確率も少ないし 玉を作る時間もたくさんありますから。


FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ
☆極本☆WEBランク


ブログランキング



blogoole pingサーバ
スポンサーサイト
  1. 2006/10/30(月) 14:12:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

刑務所用語(隠語) その1

施設には施設でしか使用できない言葉(隠語)があります・・・
その言葉を一般社会で使っても 誰一人として分からないでしょう。
しかし 施設の中では色々な言葉が日常茶飯事的に使われるのです。

ここで皆様に刑務所でしか使わない?使えない言葉を少し紹介しましょう。
経験者の方は懐かしく そして初めての方はそれなりに興味を持って読んで頂きたい。

★願箋(がんせん)

皆様分かりますか?小さな紙に願い事を書いて提出するのです。
例えば4級ならば 月に一度の手紙が許されています。(あくまでも昭和60年代)
その一通を既に出してしまったとします・・・
その後 どうしても身元引受人へ手紙を出したいとしましょう。
そんな時「度数外発信願い」として 願箋に手紙を添えて提出するのです。

これは拘置所も同じですが 拘置所の場合は比較的に簡単に許可されます。
提出すると 工場の担当印⇒係長印⇒課長印⇒部長印
そして所長の許可印が押され 初めて発信が許されるのです。

少しでも内容に不都合が有れば 不許可になるか書き直しさせられるかですね。
手紙に限らず 色々な頼み事もこの手順で行われるのです。

★ズー

これは受刑者同士の隠語ですが 当然看守の方も知ってます。
受刑者が何か不正をしている時 看守が近づいてきたら
「ズーズーッ」と云って知らせてあげるのです。

何故 「ズー」と云うのか私も分かりませんが・・・
「まずい」のズーと聞いたことがあります。

真意の程は定かではありませんが 
ただ 口を動かさず 看守が来た事を知らせる事が出来るのは
長年の受刑生活の知恵ですね。

一度 こんな事がありました。 
ウソの様な本当の話しですが 私が神戸刑務所を出所してからです。
施設の中で知り合い 仲良くなった人を迎えに行った帰りの出来事ですが
車で信号待ちをしていると その知り合いが 
「ズーズーッ」と云うではありませんか 
私は何を云っているのかと思い外を見ると パトカーが横に止まったのです。
私は直ぐに意味がわかり爆笑しましたが
運転していた者は何が何だかサッパリ分からず
ポカンと口を開けているだけです。
後で事を説明すると納得して笑っていました。

★アタリ

自慰です。。。独居房に居る人は誰に遠慮なく いつでも出来ますが・・・
雑居房ではそうはいきません。7~8人がせまい処で一緒に生活をしているのです。
暗黙のルールと云うのではありませんが 私の居た舎房では 

布団に入ってから 今日はアタリいきますと申告してからするのです。
信じられますか? 
一般社会で「今からオナニーします。」と云う奴いますか?
しかし これが刑務所なのです。

逆にコッソリする方が 「こそズリ野郎」と陰口を云われるのです。
一度 独居房でアタリの最中 何か視線を感じるので窓を見ると
看守が見ているではありませんか 目と目が会ったときはバツが悪かったですね。
看守も苦笑い状態です。その日のアタリは中止となりました。残念・・・

私の娘も このブログを見ると思いますが これって 父親の威厳台なしですね(笑い)。


FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ☆極本☆WEBランク



ブログランキング



blogoole pingサーバ

  1. 2006/10/27(金) 22:34:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

引越し(転房)

新入教育が終了すると 
全ての人間が(例外を除き)各工場へと配役されていきます。
例外とは?そうですね・・・日本でもトップクラスの親分であったり 
元芸能人やオカマの人といったところでしょうか。

とにかく 今まで新入期間を生活してきた舎房から
配役される工場の舎房へと引越し(転房)するわけですが
あくまで 間取りは全室共通であり 南部屋か北部屋かだけの差です。

しかし 引越しと云いますが そんな言葉は一切似合いません。
確かに家具や電化製品もないし 衣類などもありません。

与えられた布団と少々の私物
それらをひとつにまとめて シーツでくるみ持っていくのです。

そうです・・・シーツが風呂敷き代わりですね。

だから 何度も往復する事なく 一度の行動で引越しが完了します。
そして新しい部屋に入り たたずむヒマもなく 直ぐに工場へ連れて行かれるのです。

しかし十畳一間ほどの狭い一室で これから7人ないし8人で生活していくのです。

次回は 刑務所でしか使わない”隠語”をお話しします。


FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ☆極本☆WEBランク



ブログランキング



blogoole pingサーバ



  1. 2006/10/26(木) 22:41:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カンカン踊り

普段生活する舎房から 作業を行う工場へ行く間に
検身場と云う所があります。
不正物品等を持ち込まない様に検身する所です。

着ている服を全て脱ぎ 全裸で一人の担当の前に立ち番号を云って
両手を上げ腰を少し下げ 足の裏を交互に見せ 口を大きく開けて
「何も持っていませんよ」という風にして 別室に行き作業着に着換えるのです。

その時の姿が踊っている様に見え「カンカン踊り」と言われるようになったのでしょう?

一度 想像してみて下さい。 情けない格好ですよ。

しかし 夏は良いものの 冬場はたまりません。
寒い中で冷たい服に着換えるわけですから 早さが勝負…

もたもた着ていたら余計に寒いわ 担当には怒鳴られるわ…

そこに タチの悪い担当でもいたら またしても最悪です。
”窓を全開”にするのです。

真冬の早朝 裸の人間が居るのですよ。
イジメ以外の何物でもないと思いませんか?

しかし 受刑者はそこでも要領ですね 袖のボタンと
首の第一 第二ボタンだけを外し 着ている物全部を一緒に脱ぐのです。

下も同じで ズボンもパッチもパンツも一緒に脱ぎます。

こんな服の脱ぎ方をしていたら お母さんにしかられたものでしたが…

一度に70~80人の受刑者が 一つの検身場を通り過ぎるのに
5分ほどしかかからないのです。すごい 早業であり 感心ものです。
これも慣れですね。誰もが出来るようになるのですから…

あきもせず 毎日毎日 行き帰りこの行為をするのです。
現在 受刑中の皆様 ☆ご苦労様です…


FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ
☆極本☆WEBランク



blogoole pingサーバ
  1. 2006/10/24(火) 20:10:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

新入教育(2)

それから隣の席の者と話しさえ出来ないのです。
勝手に話しでもしたらもう大変 見つかったら
「おい オマエらこっち来い」である。手まねきならぬ 指まねきなのだ。

手元だけを見て作業をするのが 
我々 受刑者の仕事であり基本なのです。

そんな時 もくもくと作業をしていると 扉の音がガタンと 
人間 本能的に音をする方をみるものではありませんか
無意識に扉の方を すると
 「オイお前 脇見 ちょっと来い」というあんばいです。

この扉の音で毎回誰かがやられるのです。
しかし人間慣れって怖いもので 誰しも要領が付いてくるんです。

帽子を目深にかぶり なるべく担当と目を合わせないようにしたり
作業服の裾で汗を拭くふりをして 一瞬の間に周りを見渡したりするのです。

作業の事でも勝手に話しは出来ません。

ちゃんと その場で手を上げ 担当に許可を得て 
初めて話しが出来るのです。
今思えば 何てこっけいなことでしょう。   

また、刑務官(担当)にも色々な人間がいます。
平均 受刑者には厳しいのは普通ですが
その中でも極めてたちの悪いのが居るのです。

受刑者のことなど人間扱いしないのです。
受刑者を いたぶり いじめる事に
命を賭けている云っても過言で無いような担当も居るのです。

そういう担当に目を付けられると たまったものではありません。
99% 懲罰行きになるでしょうね。

どこの施設でも同じ事が云えるのは 
新入教育期間は 特に受刑者に厳しい事は間違いないといえます。

私が神戸刑務所で新入教育期間 昭和60年ぐらいでしょうか
当時 四代目山口組の三次団体の組長が入所してきました。

少年時代も含め こういう施設に入るのがまったく初めてで
右も左も分からない状態でした。
歩行訓練のときも同様で 緊張していたのでしょう。

行進の際 右手右足を同時に上げて行進しているではありませんか
当然の如く担当の目に付きます。
またしても「オイ こっちへ来い」 ではありませんか
皆の前で一人で行進するのですが
そうなれば その組長も緊張を通り越しパニック状態で
何度やっても 右手右足 左手左足が同時になるのです。

見ている方も笑いをこらえるのに必死なのです。
★★組長 お疲れ様でした…

そうして無事 面接やテスト 訓練を終了して
各自 一般工場へと配役されて行くのです。


FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ
☆極本☆WEBランク



blogoole pingサーバ

  1. 2006/10/23(月) 20:40:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

新入教育(1)

まず 何処の施設へ入所しても新入教育から始まる。
各施設によって 教育期間や内容 処遇等は異なるが
大方 2~3週間と云ったところです。

何をするのかと云えば どんな作業が適合しているか
色々なテストや面接をし分類するのである。

こういったテストや面接をし分類したからと云って
どれだけ役に立つかは疑問である。
確かに社会にいた時 調理師ならば炊事に行ったり
大工なら木工工場 印刷の経験が有れば印刷工場へと配役される事もあるが
何も経験も無い者には あまり意味の無い分類だと思う。

そして施設側からすれば 一番大事な歩行訓練である。
指先をまっすぐに伸ばし 腕を肩の高さより高く振り
太ももを上げて歩くのです。

おまけに「イッチ ニ― イッチ ニ―」と声を出し
まるで軍隊の行進なみです。
施設内を移動する時は必ず この態勢で歩くのです。

一般社会で こんな歩き方をしていたら
周りの人に変な目で見られるか 110番へ通報されるでしょうね。

それで少しでも指が曲がってきたり 腕が下がってきたら
「おい お前こっちへ来い」と云われ
訓練が終わっても 一人でその場で 歩行訓練である。

それも 5分や10分ならまだしも 1時間 2時間はざらで
ひどい人は半日ぐらいやらされていた人もいるのです。

こうなれば訓練ではなく ただのイジメと同じですよ。

テストや訓練をしていない間は作業をします。
新入の場合 洗濯バサミの組立てや袋張りの作業がおもでしょう。
しかし なかなかこの作業が シンキくさい作業で
時間が経つのが遅くて仕方がないものです。

次回は 新入教育(2)


FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ
☆極本☆WEBランク



blogoole pingサーバ
  1. 2006/10/21(土) 21:46:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はじめに…

一般市民の人には絶対 経験することのない
今や日本の恥部一つとも云うべき刑務所

いかなる者も遮断し威圧的な高い堀に囲まれ
謎のベールに包まれた一つの世界とも云うものがそこにある。

隣接した住宅街の誰一人として
この中で何が起こっているかさえ分からない所である。

社会でどれ程の親分 金持ち 大会社の社長であれ
初めて入所するものにとって
これ程不安と恐怖を与えるのに絶好な場はないであろう。

しかし反面 どんなチンピラやこそどろ等
何度となく経験している者には慣れたものであり
まったく苦にする事なく生活している者もいる所である。

世間一般の人には刑務所は怖い所であると云う先入観があり
どれ程の凶悪犯がいるだろうかと思われがちである。

ドラマや映画等の影響も大きいのだろうが
その様な刑務所など日本国中どこを探しても皆無に等しいでしょう。

本当の刑務所は実際にその中に入り
経験した者でなければ分からないし語ることも出来ない所である。

年に一、二度テレビの特別番組等で「刑務所24時間」等の番組もあるが
確かにそれはそれで事実の事を映しているのであろうが
たかが24時間で刑務所を語れる程なまやさしい所ではない。

そう云う場合 あえて見せてよい部分だけを撮って放映しているだけである。
まったくもってナンセンスだ。

そこで私は、私の経験を元に
もっと本当の刑務所を知ってもらいたく筆を取った次第であります。

素人の為、読み苦しい所も多々あると思いますが御理解いただきたい。
又、私は関西人間であり
姫路刑務所、神戸刑務所、京都刑務所の経験しかなく
「刑務所を語るなら大阪刑務所だ」とおしかりの言葉もあると思いますが
そこはご了承とお許しをいただきたい。


FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ
☆極本☆WEBランク



blogoole pingサーバ


  1. 2006/10/18(水) 23:08:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

飛鳥

Author:飛鳥

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター


無料カウンター

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。