実録!塀の中その真実

あなたの知らない本当の塀の中 元受刑者が語る刑務所の実態 いまその真実が明らかに…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

刑務官の・あ・だ・な

刑務所受刑者は、いとも簡単に、そして見事なまでに、その刑務官に対して・・・あだなを付けるのです。
 当然の如く、看守の方も自分にどんなあだなが付いているのか知っているので、受刑者が少しでも口をすべらせ、その看守にでも聞こえたならば、すぐさま、看守を侮辱した、と言う事で保安課へ連行され取調べとなり、懲罰の10日もくらう事になるでしょう。
 しかし、受刑者もさるもの、絶対、言ったとは認めないのです。認めてしまえば、懲罰、否認すれば不問で帰ってこれる確率が高いからです。
 ここで少し、そのあだなを紹介してみましょう。
・顔が黒いから、ベトコン。
・顔が赤けりゃ、赤ずらのズラ。
・ぶつぶつ顔は、ハッサク。
・のっそり歩くので、シェパード。
・キャンキャンと吼える様に怒るので、スピッツ。
受刑者を騙し取調べへと陥れるので、清水次郎長に出てくる、都鳥長兵衛
・狙った受刑者は必ず保安送りにする、マムシ。
舎房の壁にへばりつき受刑者の不正を見つけ様とする、ヤモリ。
・この看守に見つかれば絶対絶命と言われる、三途の川
顔がクリトリスに似てるから、サネ。  どんな顔やねん、
 と思われるでしょうが、不思議とそう見えてくるのです。
・小さい事でもすぐにヒステリックになるノミの金玉ならぬ、ノミ金。
・ユデダコみたいに酒焼けしているので、ユデダコ。
・不二家のペコちゃんに似てるので、ペコちゃん。
 他に、鬼畜、ねずみ、スマイル、とらふぐ、ひよこ等、数えるときりがありませんが・・・
 極めつけは何と言っても、センズリでしょうね。
 不思議な事に、このあだなは、何処の刑務所へ行っても必ずと言っていいほど居てるのです。 こんああだな付けられた方はたまらないでしょうね・・・
 古い受刑者に話を聞くと、その看守が若い時に、夜勤の際、受刑者が廃棄した週刊誌を見ながら、階段の所でオナニーをしていたと言うのです。
 普通、どう考えても、そんなヤツはいないと思うんですが、真意の程は定かでありません。
 とにかく、受刑者に厳しい看守や、嫌われてる看守に良いあだなは付かないと言う事ですね。
 唯一、仏と呼ばれていた看守が一人だけ居ました。厳しさの中にも優しさがあり、少々の不正は自分の胸に納めるのです。又、そういう看守は顔も、仏の様に見えるのも不思議ですね。今ではとっくに定年になり年金暮らしなのでしょうね、お疲れ様でした。


ランキングサイトに参加しています。
もしこの記事が面白ければクリックお願いします。




携帯からアクセスの方は

☆極本☆WEBランク
スポンサーサイト
  1. 2007/03/06(火) 23:44:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:13

入浴場は入れ墨オンパレードなり

刑務所では、約、三割から四割近くの受刑者が大なり小なり、何らかの入れ墨や落書きをほどこしているので、入浴場では、それはそれは、もう入れ墨の展覧会と言っても過言ではないでしょう。
 見事なまでに立派なものから、二度見するほどそうでないもの、頭に蛇の彫り物を入れている人や、男性のシンボルに亀や蜘蛛の彫り物を入れている人等、本当に様々です。
 そんな中でも、手首から足首までびっしりと彫られていた、大阪は十三のN組のS氏の彫り物は、今までに見た中でも美しさと云いとびきり素晴らしい彫り物でした。
 又、その逆で、ひどいと言えば失礼ですが、背中にお姫様か何かを彫りたかったのでしょうか、カツラだけが筋彫りで描かれているのです、遠くからみると、それがどう見ても、黒い糸が背中に着いている様にしか見えないのです。
よほど痛かったのでしょうね、あれでは、彫り師の先生もお金の請求は出来ないのではと思いました。
 それから、○○命と、肩の辺りに女性の名前を入れている人、女性の名を入れて、その女性と末永く幸せになった人を、私は今だかつて見たことも聞いたことも有りません。
 これから先、女性の名を入れようと思われてる方は、今一度考えて決心してください。
 ただ、決して入れ墨が立派だから人間も立派だとか、中途半端な入れ墨だから人間もそうだとは限りませんので。

 余談ですが、入れ墨と言えば、昔はヤクザ者の代名詞であり、一般の人に恐れられたものでしたが、最近では、タトゥ-等と云うものがファッション的感覚で、若者の間で流行しており、ましてや、男女問わず、それを見せながら、街を闊歩している姿をよく見かけるではありませんか、どんなものなのでしょうかね・・・
 たとえば、入れ墨をした人が、街を見せびらかせながら歩いているのも嫌でしょう。
 私が思うに、入れ墨とは、古来から日本の伝統的芸術ではあるものの、一般社会では、まったくと言っていいほど不要なものだと思うのです。
 かえって入れ墨を入れているが為に、何かと不自由であることの方が多いのです。
 私も、若気の至りで、両肩から背中、太ももの辺りまで一面、ほどこしてはいますが、夏は半袖シャツは着れないわ、ゴルフ場の風呂や、ちょっとしたサウナは断られるし、本当に不便な方が多いです。

 入れ墨が入ってて良いと思うのは、実際、刑務所だけですね。そう思うのは、私だけでしょうかね・・・。

ランキングサイトに参加しています。
もしこの記事が面白ければクリックお願いします。




携帯からアクセスの方は

☆極本☆WEBランク
  1. 2007/03/02(金) 22:52:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

プロフィール

飛鳥

Author:飛鳥

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター


無料カウンター

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。