実録!塀の中その真実

あなたの知らない本当の塀の中 元受刑者が語る刑務所の実態 いまその真実が明らかに…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

刑務所のおかしな常識 その2

☆トイレはガラス張り

一般社会の人には信じがたき事かもしれませんが
日本国中どの刑務所であれ 受刑者が使用するトイレは舎房 工場 老若男女に関らず、全て中が見えるようガラスかプラスチック張りなのです。想像してみてください。

これは受刑者がトイレ内で不正をしても すぐ分かるようにしているのですが 用を足す方にしてみれば大きな大きなお世話です。
座っていても 腰から上は外から丸見えなのです。

「余談ですが これは警察の留置所やあ拘置所も同じです。」

当然の如く中から外も見えるので 用を足しているとき 看守や同じ受刑者とも目が合う事がしばしばありますが 最初は恥ずかしいというか カッコ悪いと思いましたが 

しかし慣れてくると それが当り前のようになっていくのです。
本当に慣れって恐いですね。

また独居房は少し違います。
三畳程の狭い部屋の奥の隅に 様式便所が備え付けてあるのですが
その便器は凄く存在感があります。ちょっとした豪邸の広い便所ぐらいだと思ってください。

食事をする時も すぐ横に便器があるのですから…
そして その部屋じたいが表の廊下から丸見えなのです。
プライバシーのプーもないのです。しかし これが刑務所の常識ですよ。

でも中国のある地域では それが当り前(女子便所も)のところもあるらしいです。

☆和式トイレは後ろ向き

これは 私も入所当時 驚き戸惑った事の一つです。
普通 和式便所の場合「キン隠しの方を向き」座って用を足すものですが 刑務所では驚きでしょうが逆を向いて座るのです。

関西以外の刑務所は分かりませんが これが常識なのです。
何故なのかは知りませんが お尻をまともに見られるのが嫌だとか 少しでも早く臭いものが流れていくようにだとか はたまた 仲の悪い受刑者からの襲撃にいち早く備えられるからなど 説はありますが 私自身 本当の真意はしりません。

でも皆さん もしどこかで逆に座って用を足している人を見たら
「ああ この人は元受刑者だ」と思って間違いないと思いますよ…?

ちなみに 刑務所生活が長い人は トイレの鍵をかけない人が多いのですよ。
なぜなら 受刑者には 全ての事において 鍵を掛けられることはあっても鍵をかけることはありませんから…あしからず。

ランキングサイトに参加しています。
もしこの記事が面白ければクリックお願いします。




携帯からアクセスの方は
☆極本☆WEBランク
スポンサーサイト
  1. 2006/11/20(月) 21:35:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<刑務所のおかしな常識 その3 | ホーム | 刑務所のおかしな常識 その1>>

コメント

昔の事ですが

便所でタバコを吸って目を回しトイレのガラスを割ってしまいパクラレた同囚がいました。
  1. 2006/11/20(月) 22:49:08 |
  2. URL |
  3. bosstyphoon #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heinonaka.blog80.fc2.com/tb.php/13-a6573a19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛鳥

Author:飛鳥

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター


無料カウンター

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。