実録!塀の中その真実

あなたの知らない本当の塀の中 元受刑者が語る刑務所の実態 いまその真実が明らかに…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

刑務所のお正月

 刑務所では、あくまで刑務官が公務員であるがため、官庁と同じ様に、12月29日が御用納めとなり、1月4日の初出までは、受刑者も正月休みとなるのです。                                一般社会では、年末ともなれば、家の大掃除や、買い物などで大忙しでしょうが、刑務所では、買い物とかに行くわけでもなし、取り立ててすることもなく、ただ、普段の休みと何ら変わりはありませんが、心だけは、正月かと言う気持ちになるぐらいでしょうか・・・                   5日間の休みの間に、2回ほどの入浴と1,2度の映画等が有りますが、そぬ他は、舎房の中で生活するだけです。                   そして、普通は夜9:00時に消灯になるのですが、大晦日の夜だけは特別に、紅白歌合戦を最後まで見せてもらえるのです。なんと、その途中には、年越しそばまでが出るのです。驚きでしょう。  ただ、インスタントのどん兵衛ですけどね・・・それも、みどりのたぬきです。             お正月の朝は驚きですよ。これが刑務所かと思うほど、立派と言うか豪勢な料理がでるのです。 豪勢と言っても、あくまで、普段の刑務所の料理に比べてですがね・・・  雑煮も出ます、白味噌仕立ての味噌汁に餅が入っただけですが・・・そして、メインは、普段は出ることのない沢山の正月料理が入った大きな折が一人一人に与えられるのです。もちろん、正月の三が日は、麦飯ではなく、白い米のご飯なのです。 その他、沢山の菓子類や、果物などが出ます。  こんな事を言ったら失礼かもしれませんが、ホームレスの方や、テント暮らしをされておられる方に比べたら、食べ物だけは刑務所の方が良いのかも知れませんね・・・                         しかし、正月だからと言って、不正を働けば、即、保安課です。許してはくれませよ。                               でも、何度も刑務所での正月を経験してはいますが、そのつど思うことは、いくら貧乏であれ、家族と一緒に迎えれる正月に勝るものはありません。合掌

ランキングサイトに参加しています。
もしこの記事が面白ければクリックお願いします。




携帯からアクセスの方は

☆極本☆WEBランク
  1. 2007/02/09(金) 01:22:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

刑務所と拘置所の違い その2

又、刑務所と違い、拘置所では空腹感を感じる事はありません。       何故なら、拘置所では、部屋の中に差し入れされた食物が置いてあり、いつでも食べれるからです。                         刑務所での差し入れが許されるものは、お金、スポーツ新聞、それに小説本ぐらいです・・・・・                          しかし、お金があっても空腹感はおぎなわれませんけどね・・・      そして、刑務官の収容者に対する態度も、刑務所と拘置所では明らかに違います。悪い言い方をすると、拘置所では、収容者と看守との間に、上下関係のケジメがないと言う事です。                       刑務所ほどの、規律や節度がないのです。刑務所の統率力は誰もが感心するほど素晴らしいものであり、現代の義務教育にも取り入れてもらいたいと思うのは私だけでしょうか・・・                       ただ、収容される方にすれば、拘置所の方が楽な所だと言う事です。同じ一年を過ごすなら、間違いなく拘置所の一年を選びますね。          少し話しが反れますが、昨年、大阪拘置所にて、六代目山口組の某組長と看守の癒着が大きく取りざたされ、テレビや新聞紙上を賑わせたのも記憶に新しい事ですが、私に言わせれば、今回の様な事件は、氷山の一角とまでは言わねど、少なからずは有る事でしょう。又、拘置所だからこそ起きた事件だと思います。                                 しかし、収容者からしてみれば、刑務所であれ拘置所であれ、お金で動いてくれる看守が居てくれるとしたら、安いものですよ、悪いことかも知れませんが、お金で看守を動かせるのも、その収容者の甲斐性であり、金と力が有るからこそ出来るのです。                                                             読者の皆様へ                             長らく書き込み出来ず、申しわけありませんでした。いつも楽しみにされてる方には深くお詫び申しあげます。                    これからも頑張って続けていきますので応援宜しくお願いいたします。                                                                    飛鳥
  1. 2007/02/08(木) 03:41:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

刑務所と拘置所の違い(その1)

今さら云うべき事でもないでしょうが 一般社会の中には刑務所拘置所もさほど変わりなく 同じ様な処だと思っている方も少なくありません。

確かに法律に反し犯罪を犯し 自由を拘束されていることに変わりはないのですが 拘置所はあくまで未決囚の人間を収監する場所であり 裁判の結果次第で 無罪となる可能性さえある処であり 

私から云わせてもらえば 拘置所刑務所という終着駅までたどり着くまでの途中の駅でしょう。

それに拘置所は まだ 法律的にも人権がある処であり 刑務所は人権がまったくない処なのです。

それが証拠に拘置所では いかなる事犯で収容されていても 日本国民としての選挙権が有るのです。

驚かれるかもしれませんが 拘置所内にて選挙の投票も出来るのです。

しかし 刑務所へ行けば選挙権でさえはく奪されてしまうのです。あくまで犯罪を犯す側が悪のですが 日本国民として淋しい事だと思います。

また拘置所に収容され未決囚の間は 布団や枕 毛布にパジャマ等の衣類 また そのその拘置所が認めている売店の食物等 許されている限りのモノの差し入れが可能なのです。


ランキングサイトに参加しています。
もしこの記事が面白ければクリックお願いします。




携帯からアクセスの方は

☆極本☆WEBランク
  1. 2006/12/11(月) 21:44:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

刑務所のおかしな常識 その3

☆検便ならぬ嫌便(けんべん)

汚い話しが続きますが 今しばらくご辛抱ください。

刑務所内でも受刑者の健康管理に気を使い…?定期的に検便が行われるのですが これがまた…どんな人でも検便の経験があると思いますが 昔はマッチ箱に朝の便を少し入れて学校へ持って行ったもので 懐かしい話しです。

[刑務所のおかしな常識 その3]の続きを読む
  1. 2006/11/27(月) 22:53:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

刑務所のおかしな常識 その2

☆トイレはガラス張り

一般社会の人には信じがたき事かもしれませんが
日本国中どの刑務所であれ 受刑者が使用するトイレは舎房 工場 老若男女に関らず、全て中が見えるようガラスかプラスチック張りなのです。想像してみてください。
[刑務所のおかしな常識 その2]の続きを読む
  1. 2006/11/20(月) 21:35:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
前のページ 次のページ

プロフィール

飛鳥

Author:飛鳥

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。